EL VIENTO DE SONIDO

音楽に関することをメインに色々書いています。(๑˃̵ᴗ˂̵)و

全記事表示リンク
プロフィール

k1mu

Author:k1mu
音楽と絵を描く事が
好きです\(^o^)/

人生の目標は、
音楽史に残るような
良い曲を作る事!

詳しい自己紹介

youtubeのマイチャンネル

Instagram

Twitter

ニコニコ動画マイリス

soundcloud

SYmphonic H.R.というバンドと

KHUFRUDAMO NOTES
というクリエイターチームをやっています。


なかなか頻繁に更新することは
できていませんが、
最低1か月に1回は更新することを
目標にしています!

カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2ブックマーク

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

サーチンアウトwwwリーチングインwww してきた。

2012.04.28

category : 音楽ネタ・ニュースなどの感想

お久しぶりですk1muです!

Dream Theaterの大阪公演行ってきましたー!\(^o^)/

Dream Theaterのライブは中学生の頃から
とても行ってみかったんですが、
受験などでなかなか行けなくて、今回やっと行けました!


チケット取れてから、それはもう楽しみで楽しみで(笑)

友達と行ったんですけど、
みんなで終始テンション上がりまくってました!

ライブは大阪のオリックス劇場ってところであったんですけど、
会場を見て、「あー、これ全部ドリームシアター好きな人なのか…」
とか当たり前の事に少し感動したり(笑)


客層は全体的にやっぱり
そんな若々しい感じではなかったですけど、
思ったより女の人も多かったですね。






で、ライブの内容ですが

まず、前座があのアコースティックギタリストの
アンディマッキーで、
YouTubeで驚異的な再生回数のDrifting↓


から始まって、

もちろんあのハープギターでの演奏

もありましたよ!

演奏は30分ちょっとくらいでしたけど
これだけで今日は来た価値があったなと思えるくらいでした。


もちろん全体的に演奏は申し分無かったんですが、
特に一番最後をa change of seasonsのアルペジオで
締めくくるという演出が良かったですね。

あれはホントに粋だと思いました。







そんで前座が終わって舞台の転換だったんですが、
あのマンジーニ先生の屋台ドラムセットとか出てきてなんていうか、
いよいよ始まるんだなって感じで。


生であのセットを見ると…やっぱり屋台でした(笑)

それから暫らくしたら、暗くなって
恒例のあの謎アニメを使ったオープニング映像が流れて、
その後ついに、Bridges In The SkyのSEが流れ始めました!

ここら辺でみんなめっちゃテンション上がってましたね。

確かSEの聖歌隊のとこらへんで
ジョーダンがステージに入って来て、
「うおぉぉおぉ!!」ってなって(笑)


そしてついに演奏が始まってそれはもう感動の連続でしたw






それではセットリストの順に感想です。



・Bridges in the Sky
http://youtu.be/BU1DFUvyUCg
最初からハンパ無いくらいかっこよかったです。
特に卍先生のドラミング正確過ぎてびっくりしました。
高速でタムを移動するところでも全然リズムが乱れないし、
叩き方も力強くもしなやかなでした。

そういえば後から考えてみるとジョーダンが
コンティニウムキーボード使ったのこの曲だけな気がしますね…。



・6:00
やっぱりマイキー(ポートノイ)とセットの配置が全然違うので
同じパターンでも叩き方も全然違うなぁと思いました。
でもなんか卍先生のセットって特殊過ぎて
見返してみたら意外とシンプルでも
一回見ただけで何やってるかわからないことが多いw



・Build Me Up, Break Me Down
新しいアルバムでは一番冴えない感じがした曲もライブで聴くとカッコいい!
やっぱりドリムシはライブの方が
かっこいいっていうのは真理だったみたいですね(笑)

間奏でペトルーシが手拍子を促して、みんな手拍子をしはじめたんですが、
その後の変拍子地帯で多くの人の手拍子が迷子になってましたwww



・Surrounded
この曲はライブでここまで忠実にやったのは珍しいとか。
でも20年前の曲とは思えないくらいカッコよかったです。



・The Root of All Evil
この曲は実は自分が一番最初に聞いたorコピーした
ドリムシの曲ということでこれもテンションあがりましたね。
アウトロがアレンジされててオクタヴァリウムの最後をくっつけた感じみたいになってました。



・Drum Solo
やはり卍先生は人間じゃない疑惑が。
4way、レフトハンドオスティナート、片手ロールと
変態技のオンパレードwww

そういえば僕は三回席で
ドラムが上から見れたので
横からはタムで見えにくい"スネアをどう叩いてるか"が
分かり易くて、特にドリムシ加入以前から分からなかった
「片手スネアロールどうやってるんだろう?」
という疑問ですが、上から見れたおかげで分かりました。

あれグラビティブラストで叩いてたんですね。
卍先生はリムに頼らないストロークでも、えげつない速さで叩くので
あの片手ロールもそれで叩いているのかなと思ってたんですけど、
さすがにあの速さはグラビティロールでしたかw

そもそもあんな綺麗にグラビティロール出来る時点で普通に凄いですけどねw

あと表情がものすごくよかったw



・A Fortune in Lies
やはり25年近くすると同じ曲でもここまでカッコよくなるのかーと思いました。
よく考えてみればこの時からのメンバーはマイアンとペトルーシしかいないんですね。



・Outcry
http://youtu.be/k_Wrp6YhrSI
きましたアウトクライ!
中間の譜面が黒い山脈を成してるギターソロとか
符割と速度がおかしいピアノソロとか個人的には楽譜見て絶望したんですけど(笑)、
「この曲はクレイジーだよ」とか言っていた割に普通に弾いてましたねwww

もちろんドラムもベースもヴォーカルもハンパ無かったです。

ただ中盤のカオスなインスト部分の一番最後の最後のところで
マンジーニ先生が6連符一個分だけ先にバシーンってミスやったような…
三階の左側の席だったので少し音像がボヤけて聞こえる感じだったので
気のせいかもしれないですけど。



・The Silent Man
重たい曲の次ということでガラッと変わってペトルーシとラブリエの弾き語り。
ペトルーシも弾きながらコーラスしていました。



・Beneath the Surface
こういう曲聴くとやっぱり改めてラブリエは歌うまいなぁと思いますね。
普段は楽器隊に埋もれてるみたいな意見もありますけどやっぱり彼の歌もまた超絶です。



・On the Backs of Angels
http://youtu.be/oasnbzEMV08
この曲は今回やった曲の中では特に
どのパートも聞き込んでコピーもしているので(全部ちゃんと弾けるわけではない)
全部見たい!でも目は二つだけ!(泣)みたいな感じでした。
ピアノソロがちょっとアレンジされてたり。



・War Inside My Head
オンザバックスからそのままこの曲に入りました。
ウォー!インサイマー!ヘェェェーッッッド!!



・The Test that Stumped Them All
そしてさらに続けてこの曲へ
この曲ってこんなカッコ良かったけ?って思うくらいカッコ良かったし、
拍子は13/8とか7/4+15/8とかそんなのばっかりですけど
なぜか物凄いノれて気持ちよかったですね。

コピーしたことがあって拍子を知ってるということもあるでしょうが
今回のライブで一番ノれましたwww
キーボードを斜めにしながら軽々と速弾きをするジョーダンwww



・The Spirit Carries On
(Petrucci / Ruddess Solo Intro)
いやー良かったです。ギターソロも歌もすごかった。
流石ドリムシを代表するバラードなだけありました。



Breaking All Illusions
http://youtu.be/UhQKol7PFzA
きたきたきたきたー!って感じでした。
この曲も結構練習したので複雑な拍子のところも難なく頭振って楽しめましたw
やっぱり生の サーチンアウトwwwリーチングインwww は感動が違いますねwww
個人的に最初の歌に入る直前の卍先生のフィルインのアレンジがかっこよすぎた(^q^)



・アンコール:Pull Me Under
アンコールはやっぱこの曲か!といった感じで。
個人的にメトロポリスとかやってほしかった気もしますが…←
途中キーボードあらぶってましたw
ぽーみあんだー!!ぽーみあんだー!!ぽーみあんだぁぃむならふぇい!!







すべての曲に言えたんですが、
こんな難しい曲をこんな完璧に演奏出来るんだなと思いました。
別に無理だろうとか思ってたわけじゃなく、
覚悟して見に行ってなおその想像を超えるというか。

クオリティはCDと比べて遜色が無いレベルの正確さ。
でも、もちろんその中にライブ感みたいのもあって。

大体CDを聴き込んでいるほど
ミスったりヨレたりするとすぐ分かるもんですけど、
そんな事はほとんどなくて、
むしろCDよりもカッコいいというか、ホント驚異的な演奏能力でした。

そして上手く言えないんですけど、
もの凄い難しいことをやっているんですけど、
どこか簡単に見えるっていうか。
凄まじいポリリズムとか速弾きとかも全然無理してやってる感が無くて、
すごく音楽的というか自然というか。

もちろん曲は全部知ってる曲でしたし、
半分以上は実際にやったことある曲だから拍子を知っている
というのもありましたが普通にノれました。

曲芸じゃなくてちゃんと演奏になってました。
ホントカッコ良かったですね。






まとめ

・ショルダーキーボードをステージにセットしておきながら見事に使わずフラグをへし折るジョーダン

・もはや口からCD音源のラブリエ

・やっぱりマイアングは動かないし喋らない。そして腕の太さやばい。

・ペトルーシのおっp胸筋がやばい

・マンジーニ先生は意外と身長が低い




あー楽しかった!
また今度のワールドツアーも日本来たら行きたいな!\(^o^)/


では!
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©EL VIENTO DE SONIDO. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。