EL VIENTO DE SONIDO

音楽に関することをメインに色々書いています。(๑˃̵ᴗ˂̵)و

全記事表示リンク
プロフィール

k1mu

Author:k1mu
音楽と絵を描く事が
好きです\(^o^)/

人生の目標は、
音楽史に残るような
良い曲を作る事!

詳しい自己紹介

youtubeのマイチャンネル

Instagram

Twitter

ニコニコ動画マイリス

soundcloud

SYmphonic H.R.というバンドと

KHUFRUDAMO NOTES
というクリエイターチームをやっています。


なかなか頻繁に更新することは
できていませんが、
最低1か月に1回は更新することを
目標にしています!

カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2ブックマーク

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

「アイス・バケツ・チャレンジ」について

2014.08.22

category : 音楽ネタ・ニュースなどの感想

いやー、「アイス・バケツ・チャレンジ」っていうのが
最近のトレンドみたいですね!

まぁ、僕は回って来ても、絶対やりませんけど。

…というのも僕は、ちょっとこの「アイス・バケツ・チャレンジ」って
なんか「違うだろ」って気持ちがあったりするんですよ。


確かに、この取り組みって基本的には
いわゆるwin-winというか。

筋委縮性側策硬化症(ALS)の患者さん
→病気の認知度が高まり、募金が集まる。

水を被る人
→ネタになる。人によっては「自分はこんなポップな一面もあるんだよ」
的なイメージ向上戦略に繋がる。

ビデオを見る人
→見てて面白い。(僕はあんまりそう思わないけど)


実際1000万ドル以上の募金が集まるという成果を上げてるようですし
こういう感じでほとんど誰も損をしない構造になっているのは確かというか。

ただ、それでも僕がモヤモヤしているのは、理由があって。

まず、「これはチャリティの名目が無かったらただのよくあるイジメ」
じゃないか?ということです。

「アイス・バケツ・チャレンジ」は水を被った後に
次に”チャレンジ”する人を3人指名しますが、

これはまさに、イジメに発展し得る罰ゲームに
ありがちな圧力のかけ方だと思います。

「俺やったし次お前な!やらなかったらノリ悪いぞww」みたいな。

実際、僕は2か月前くらいにこの動画を最初見た時に
体育会系部活の内輪ネタ罰ゲーム動画だと勘違いして

「うわぁ…あんなに冷たそうな水に自分から飛び込んで…、
周りも笑ってるけど…、何が面白いんだろうなぁ…(^ω^;)」

って思ってました。

しかし、例えば、「包丁」というモノが、
”料理に使える”という正の側面と、
”人殺しにも使える”という負の側面を
コインの裏表のように内包しているのと同じく、

“イジメ”っていうのも「人間関係」というモノの
負の側面だと僕は思っているので、
なかなか“イジメ”と“非イジメ”境界線は曖昧です。

こういうノリで行われるものを
人間関係が深いからこそできるし、面白いから
イジメと捉えない人も居ると思いますし。

それに、だからこそ拡散力があったと
捉えることもできるかもしれません。

でも、…僕はどうしても、こういうノリのものは
イジメに発展しやすいものだと感じてしまうので
好きになれません。


それから、これは言うまでもないことかもしれませんが、
世の中には「あまり世間の理解が進んでいない難病」
に苦しんでいる方はまだまだ他にもたくさんいらっしゃいます。

…僕の中学時代、仲の良かった友人は「脳脊髄液減少症」
という病気になってしまい徐々に症状が重くなり、
ついには高校を中退せざるを得なくなりました。

おそらくそのままいけば京大や東大にも入れただろうと
思えるくらい勉強のできる友人でした。

この「脳脊髄液減少症」も、まだ、
「あまり世間の理解が進んでいない難病」です。

(脳脊髄液が漏れて少なくなることで、
激しい頭痛やめまい、耳鳴り、倦怠感を感じる病気。
外見はただ単にやる気がなくなったように
見えてしまうので症状を軽視されがち。
正式な病気としても認められていないため現在保険適応もできない)

このように、(もちろん、この他にも)世間の理解が進んでいない
難病で苦しんでおられる方はたくさんいると思います。

そもそも難病に限らず、世界中にはいろいろなものにより
さまざまな苦難を強いられている人々はたくさんいると思います。

そういう難病や理不尽をひとつひとつ世間に認知してもらうのに、
そのひとつごとに世界中で「アイス・バケツ・チャレンジ」を
ひたすらできるんですかね?

2回目以降は”観客”が飽きてきますし、
“チャレンジ”する人のインセンティブが低くなるでしょうから
おそらくブームが去ればみんなやらなくなると思うんですけど。

なんだか、そう考えると
どうしてもチャリティは大義名分というか
オマケというか…
まぁ、確かに大きな成果は上げているのですが。


あとは…そもそもバケツレベルの量の氷水をかぶるのって
わりと危険な行為だと思うんですけど、
難病のチャリティが危険な行為ってどうなのよとか…思ったり。

こんな感じで、「アイス・バケツ・チャレンジ」には
あまり心から称賛できる気分にならないのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©EL VIENTO DE SONIDO. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。