EL VIENTO DE SONIDO

音楽に関することをメインに色々書いています。(๑˃̵ᴗ˂̵)و

全記事表示リンク
プロフィール

k1mu

Author:k1mu
音楽と絵を描く事が
好きです\(^o^)/

人生の目標は、
音楽史に残るような
良い曲を作る事!

詳しい自己紹介

youtubeのマイチャンネル

Instagram

Twitter

ニコニコ動画マイリス

soundcloud

SYmphonic H.R.というバンドと

KHUFRUDAMO NOTES
というクリエイターチームをやっています。


なかなか頻繁に更新することは
できていませんが、
最低1か月に1回は更新することを
目標にしています!

カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2ブックマーク

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Absurd Reflection

2014.11.29

category : オリジナル曲


どうも!k1muです。

新しいオリジナル曲を公開しました!\(^o^)/
“Absurd Reflection”という曲です。

Absurd Reflection

Youtube:


ニコニコ動画:


soundcloud:https://soundcloud.com/k1mu/absurd-reflection




さて、今回、この曲なのですが、僕個人の作品なので、
いつもみたく僕が全部自分で弾いていると 思いきや(?)

なんと!ギターソロを!
“時々ラジオDJとかローカルなTVCMやらなんやら
曲作ったりシレっとサポートしてたりする阪神ファン” の

ギタリストTaisukeさん(@Taisuke_ABGL)に

弾いていただきました。(ワー! キャァー! (*´∀`*)

というわけで!間奏のTaisukeさんのギターと僕のキーボードの
ソロやハモリフレーズとかはこの曲の聴きどころの一つだと思っています!




ちなみに、Taisukeさんにレコーディングした
データを頂いたのが3月か4月かそのくらいだったんですけど、
僕の方がそこら辺の時期から忙し過ぎて、
なかなかミックスやアレンジといった
詰めの作業が出来なかったので、
気が付いたら12月目前になってしまった…という感じです(汗)

それでも、仕上げを丁寧にやったので、
ただでさえカッコ良かった曲が
25938569252倍くらい!
カッコよくなったのではないか!と!
自分の中では思っています←

みなさんよかったら是非!聴いてみてください~!(^∀^)



Youtube:http://youtu.be/ho-xRxecwx8
ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/watch/sm25013213
soundcloud:https://soundcloud.com/k1mu/absurd-reflection
(ニコニコ動画、soundcloudから音源ダウンロードできます。)

また、soundcloudにはオフヴォーカル音源も公開したので、
興味がある方は聴いてみてください。
https://soundcloud.com/k1mu/absurd-reflection-off-vocal
(こちらもダウンロードできます)



・k1mu
Twitter:k1mu(@k1mu0419)
soundcloud:https://soundcloud.com/k1mu
Blog:http://windofsound.blog39.fc2.com/




・Taisuke
Twitter:Taisuke(@Taisuke_ABGL)



Lyric:

「美しい死」に涙を流すのは、君の心が穢れている証さ。
その手に掴んだ栄光の欠片は、酷く醜い不合理な思想で。

僕らはいつも、自分の作ったモノに支配されて何が大切か忘れている。
昨日の夜は、涙と引き換えに、何もかもみな君の全てを奪い去った。

いつも見ている「みんな」は実は、今ここに居る「君」じゃない。そうなんだろう?
幾ら足掻いて抗っても、この無意味な思想からは逃れられない。

君の言葉の意味を疑うのは、僕の心が穢れている証だ。
その手に掴んだつもりの愛たちも、全て儚い不合理な思考か。

僕らはいつも相手の作ったモノに惑わされて、何が残酷か解からない。
明日の朝よ、今日と同じように何事も無く僕の全てを奪い去って。

いつも傍にいる「みんな」は実は、今ここに居る「僕」じゃない。そうなんだろう? 
幾ら心と向き合っても、この無意味な思考からも逃れられないな。

いつか夢見た「あの日」に何故か、
ただ立ち尽くしていたんだ。どうしてだよ。
輝いていたこの景色を踏みつけながら僕を見て君は言う。

君と僕の前には本当は初めから何も無いんだ。
止めにしよう。「美しい死」に涙を流すのは。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©EL VIENTO DE SONIDO. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。